-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まちの記憶(おうちに眠っている古い写真)を集めてまちづくりに活かす「まちかどアルバム」をテーマにシンポジウムを行いました。

景観・まちづくりシンポジウム_まちかどアルバム02

「ひとまち交流館 京都」の大会議室で行いましたが、当日の大会議室の前はいろいろな地域のまちの記憶で彩られ、にぎやかでした。
写真があると思わず立ち止まり眺める人、立ち話をする人、ニコニコする人、、、
たくさんの人の笑顔発見!

景観・まちづくりシンポジウム_まちかどアルバム01

第1部は、
まちづくりや地理学、考古学、歴史の専門家によるお話でした。
第2部に使う写真を使い、専門的分野からまちの記憶を分析。
皆さん口を揃えて最後に一言。「これは貴重ですね。」

どの写真も博物館ではなく、皆さんのおうちから出てきたものです。
どれだけの人が「貴重なまちの記憶」と思っていたでしょうか?


景観・まちづくりシンポジウム_まちかどアルバム03

第2部では分科会に分かれ、

①稲荷学区、龍池学区大恩寺町
②久我・羽束師地域
③京極学区、西陣学区


のそれぞれの写真を使い、今度は地域の方のお話を聞きます。
写真の説明は皆さんの思い出です。
その思い出に、参加者の思い出も蘇ります。若い世代は歴史と地域に思いを馳せます。

景観・まちづくりシンポジウム_まちかどアルバム04


普通のシンポジウムは

「前にいる人」=話す人
「席に座っている人」=聞く人


なのですが、今回は違います。
写真が出てくると思わず声をあげる人続出!
わいわいがやがや楽しい会になりました。

まちづくりの取組みも紹介したのですが、このような写真を使ってコミュニティを作っていくイメージを、参加者の皆さんに持っていただけたでしょうか。そうであったことを祈ります。

全部で120人くらいの参加で、各分科会は30~40人が集まりました。
今回はテーマがテーマだけに、地域の人が誘い合って一緒に来ていた方も多かったです。
いつもと違う雰囲気の場に、事務局側の私たちも楽しく運営できました。

皆さん、ありがとうございました。


その時の写真は只今、まちセンで展示中です。
これなかった方は、是非見に来てください。


≪木下≫



関連記事
【ジャンル】:地域情報 【テーマ】:京都
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://miso2008.blog94.fc2.com/tb.php/120-f32e94c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。