-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

machiyachosa_fushimi.jpg

上京区の調査を終え、2月14日からついに伏見調査に突入しました。
晴れ渡る空の下、本日は8チームが住吉学区&板橋学区へ散らばって行きました。


現地事務所はなんと!「御香宮」さんです
こんな格式高い場所を貸りれるなんて思ってもみなかったのですが、
私達のお願いに三木宮司さんは二つ返事でご了承してくださいました
ありがとうございます。

しかも、朝の調査員さんへのお話会でも大活躍してくださいました
sougiguujisan.jpg


ちなみにここの場所は、参集館という建物でして地域の方の利用も多いのだとか。
地域の方にとって近い存在というのは、宮司さんを見ていたらよくわかります。
そんな場所を現地事務所として使わせていただき、伏見のお話や御香宮のお話を聞き、調査で伏見をじっくり堪能する!
なんて贅沢な調査なんでしょう!!
(、、、と自画自賛してみたり(笑))

私は昨日(14日)の調査に参加したのですが、やはり上京区と伏見は全然違いますね。
まず屋根が妻入りではなく、入母屋のものがあるということこと。
その他にも、、、
言いたいところですが、それは是非調査に参加して体感してみてください

伏見調査は、初めての調査になります。
中心部では、これまでに京都市調査や各大学などが様々な調査をしていますが、
伏見では京都市調査は初めてです。

一応事前に伏見区版市民新聞で調査をします!とお伝えしましたが、すべての方にお目通しいただいているわけではないと思います。
伏見区の皆様、「突然何してるの?」とびっくりされるかもしれませんが、どうぞご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

chosa.jpg


調査員は随時募集しておりますので、皆様どしどし登録くださいませ。
そして伏見区の皆様も是非!!もし地域の大切な文化財産にご興味あれば、調査にご参加いただきたいですし、調査の後は午後3時半頃から本日の調査状況の報告会などもしております。
調査は無理やけど報告会はちょっと聞いてみたいなぁ。というのもアリです
まずはセンターにご電話ください。

京町家まちづくり調査についての詳細はこちらをクリックしてください。

京都市景観・まちづくりセンターの連絡先:075-354-8701


《木下》



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。