-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-31 11:54 | カテゴリ:日々
今年度、最後の日。。。

今日で当センターを離れるスタッフもあり、
卒業シーズンを実感しております。やっと春になり華やいだ気持ちも、
少ししんみりするのが3月末ですね。

sakura.jpg

当センターのそば、高瀬川沿いもいつの間にか桜が満開
卒業を迎えられるすべての方へのエールのようですね。

すこし肌寒いものの、暖かい日差しが降り注ぐ鴨川

kamogawa.jpg

当センターのあるこの界隈を詠んだ春の句を・・・

春水(しゅんすい)や四条五条の橋の下 蕪村

この句は卒業されるみなさまへ、
おつかれさまでした!ありがとうございました!の気持ちを込めて

さくら餅食ふやみやこのぬくき雨  蛇笏

《土佐》
スポンサーサイト
2014-01-05 12:53 | カテゴリ:日々
お年賀2014

一足早く、本日1月5日(日)から平常業務を始めているまちセンです。

年末年始はいかがお過ごしでしたか?
本年が皆さまにとって幸多き一年になりますよう、お祈り申し上げます。


毎年年明けに、一つ増えた年号や西暦の日付で手紙を書くとき、新鮮な驚きが、、、
ちなみに、年賀状は昨年中に印刷してしまっているので、
5日もたっているのにまだこの体験ができていませんx_x《土佐》
2013-12-10 15:28 | カテゴリ:日々
今年度3度目の当センター・ニュースレター校正時期を迎えました。

当センターでは、イベント時のチラシやポスター、啓発冊子など、印刷物を
作成することが多いのですが、簡単なチラシなどは手づくりで、
輪転機を回してインクにまみれながらの作業です。

一方、デザイン会社や編集社にページ構成等をお願いする印刷物の一つとして、
ニュースレターがあります。

理事・評議員・地域の方々には、いつも素敵な記事を寄稿していただいています。
その、記事に負けないようなページ構成を、、、っと、多くの方のご協力の下
作業を進めています。

当センタースタッフから原稿や掲載写真を集め、
文章の修正やデザイナーさんへの伝達は大変な作業ですが、
この写真のような修正事項を一つ一つ直してくださるデザイン会社・編集社さんには
感謝ばかりです。
また、直接お会いする機会はないものの、印刷所の方々にも短い期間で
がんばって作業していただいています。

校正

このような多くの方の苦労で生まれた当センターニュースレターやいろいろな企画の
チラシ等々をじっくりご覧ください!

第65号は今月12月末発行予定です。

※校正の必需品、フリクションペンとサインペン。
左利きでもかすれが少ないフリクションペンを見つけて、作業効率がすこしアップしました。。。

《土佐》
【ジャンル】:日記 【テーマ】:今日のつぶやき
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-07-31 12:32 | カテゴリ:日々
今日は当センター施設、図書コーナーのご紹介をします!

当センター・図書コーナーは、ひと・まち交流館 京都の地下にありますが、
この建物には他に、
・市民活動総合センター
・福祉ボランティアセンター
・長寿すこやかセンター  があります。


図書コーナーは各センターが関連する、景観、建築、介護、福祉、ボランティア等を
テーマとした書籍を主に取り揃えています。当センタースタッフも、
時々調べ物用の建築書等を借りて、大いに活用しています。

250726図書コーナー1


また、図書コーナースタッフからは、
「各センターのテーマに関する絵本も揃っていて、
交流館1階の総合受付で手続きをし、図書コーナーで本を選んでいただけば、
図書カードを作らなくても、その日だけ交流館1階児童室で読むことも出来るので、
子供連れで来館される方々は、ぜひこのシステムを利用してほしいです!」
とのメッセージが寄せられています。

月替わりの企画展示コーナーや、新刊・貴重な本を集めたコーナーもあるので
ぜひ、お立ち寄りください。
8月の企画展示は「はじめてのボランティア」です! 《土佐》

図書コーナーの開館時間:
10:00-20:30(平日・土曜日)
10:00-17:00(日曜日・祝日)
休館日:
毎月第3火曜日(国民の祝日にあたるときは翌日)
年末年始(12/29-1/4)


250726図書コーナー2
*企画展示にぴったりの、楽しいデザインの本棚にも注目*
2013-07-04 13:17 | カテゴリ:日々
今日は、当センターにご協力いただいている、市民ボランティアさんのご紹介をします。

みなさんは、ひと・まち交流館1階に「京のまちかど」という展示コーナーが
あるのをご存知でしょうか。
平安時代から近代まで、京都のまちがどのようにかたちづくられていったか、
人々の生き生きとした暮らしの紹介と交えて知ることができる楽しいコーナーです。
(展示物はかなり前に制作してからメンテナンスが行き届いていないため
故障中のものもあり、ご迷惑をおかけしています。)


その「京のまちかど」で、市民ボランティアの方々が、不定期ですが解説をしてくださっています。
現在その数、十数名。

本日は、ボランティアのおひとり、笠岡さんがお越しくださいました。
(写真上段左が笠岡さん 当センタースタッフの新メンバーに解説をしてくださっている様子です!)

京のまちかど250704_2

京のまちかど250704_3

笠岡さんは、だいたい第1木曜日と第3木曜日のお昼間にボランティアをしてくださっています。
また、ほかのボランティアの方々にめぐり合う機会もあるので、
ひと・まち交流館、当センターにお越しのときは、「京のまちかど」も気にかけてくださいね。

《土佐》


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。